2021年8月19日木曜日

アウトレットスキーのご案内!!

皆様、こんにちは。


お盆が明け、野沢温泉では涼しく過ごしやすい日が続いております。
避暑も兼ねて野沢温泉へ足を運んでみてはいかがでしょうか?


 さて、そんな野沢温泉のフリースキーの発信拠点であるCOMPASSHOUSEでは、多数のアウトレット商品をご用意させていただいております。
展示品として展示されていた新品のスキーが最大50%OFFでお買い求めいただけます。





 現品限りではございますが、ZEROシリーズ、ARVをはじめ、様々な板をご用意させていただいている為、お客様の体格、用途に合わせたものがきっと見つかると思います。
お客様のライドスタイル、お求めのスキー板のご要望をスタッフに伝えていただけたら、ピッタリなスキー板をご案内させていただきます。お気軽にスタッフまでお声掛けください。




MAGIC J (180cm)
\102,300 
     ↓(50%off)
 \51,150     



EDOLLO  (180cm) 
\91,300 
(30%off)     
 \63,910 


ARV 96 (170cm)
\85,800     
(30%off)
 \60,060       


TRACER 108 (172cm) 
 \102,300     
 (40%off)
 \61380




その他多数の商品をご用意させていただいております!!



 また、当店でスキー板をご購入いただくと、お得なチューンナップメニューとなっているPre Tuneをご利用いただけます。






 
Pre Tuneでは、エッヂの調整とWax Future×4回を行います。先日の投稿にもある通り、新品の板の状態でのチューンナップは今後の滑走性に繋がるとても重要な作業です。そちらを当店にお任せ頂き、最高のシーズンインを迎えましょう。



スタッフ一同、心よりお待ちしております。






2021年8月14日土曜日

"COMPASS TUNE"スタート!!


 皆様、こんにちは。

8月に入り野沢温泉も暑い日が連日続いております。
スキー場の夏営業も始まりMTB基地"Mt.DOCK"も賑わっております。

さて、COMPASS HOUSEより新規サービスのご案内です。昨年秋より口コミでチューンナップサービスを行なってまいりましたが、いよいよ本格始動する運びとなりました。気になる料金は下記の通りです。




受付方法について

①持ち込みの方
HPお問い合わせフォームにて来店希望日をお伝えください。
https://compasshouse.jp

電話(9:30-17:30)にて来店希望日をお伝えください。
0269-67-0224

②郵送希望の方(現在準備中)
compass online storeにて決済並びにお申し込み。



コンセプト”フリーライダーのためのチューンナップ”

フリーライダーとはスキー・スノーボードでフリーライドをするすべての人を指します。
もちろん基礎スキーヤーやレジャースキーヤーも含まれます。
フリーライダーは規制区間でタイムを競うレーサーではありません。
レースにはレースのチューンナップ、フリーライドにはフリーライドのチューンナップが存在します。その一瞬、その1本にかけるレース。1日の中での雪質の変化に大きく左右されず、滑走性能の持続、操作性が求められるフリーライド。
今までに体感したことのない操作性、滑走性を体感していただきたいと思います。


チューンナップの必要性

フリーライダーにチューンは必要か?答えはYES。
はっきり申し上げてフリースキーやスノーボードの製品クオリティはお世辞にも良いとは言えません。滑走面が波打っていたり極端にエッジが高い或いは低い状態のものが多かったりとこれらは滑走性や操作性に影響を及ぼします。チューンナップにより滑走面とエッジの位置関係を適切に戻し、滑走面にはストラクチャーを入れます。ストラクチャー はタイヤの溝のように排水機構として機能します。滑走時に抵抗となる雪面と滑走面の間に発生する水分を排水し滑走性を高めます。また、ストラクチャー のパターンを変更することで直進性の高い滑走面、操作性重視の滑走面と自由自在にスキーの特性を変えることも可能です。


ストーンマシン"WINTERSTEIGER Omega RS350"

世界NO.1シェアを誇るWINTERSTEIGERのフラッグシップストーンマシーンOmega RS350を導入いたしました。




フル電子制御で精度の高いソールグライディングが可能です。
様々なストラクチャー をプログラミングすることも可能です。





WAXへのこだわり

店長Tomoがライダーとして長年共に活動してきたHAYASHI WAX様の協力のもとオリジナルワックスを制作いたしました。滑走性は当たり前ですが、粘り強く持続力の高さがHAYASHI WAXの特徴です。雪質問わず、長い距離を、1日楽しむためのWAXです。
もちろん環境にもスキーにも優しいノンフッ素です。今もなお少しずつ改良を加えております。


施工手順例

①サンディング
→滑走面、エッジの汚れ、小傷を落としながら滑走面全体をある程度平滑にします。

②リペア
→サンディングで削れなかった傷を埋めます。硬い素材を熔着することで強度抜群です。
*芯材の見える傷の場合、別途お見積もり。

③ストーン荒研ぎ
→フラットを出します。
*ファットスキーや構造上フラットが出ないスキーもございます。

④ストーン仕上げ
→細かい目でツルツルに仕上げます。

⑤ストラクチャー 
→一発勝負で滑走面にストラクチャー を入れます。




⑥エッジ研磨
→手仕上げにてベース・サイド角度を調整いたします。

⑦WAX




Wax Futureを用いてベースワックスを浸透させます。
*滑走面、エッジ保護のため塗りっぱなしまたは、スクレーピング後に生塗りでのお渡しとなります。

WAX施工回数追加オプションのすすめ

より滑走性を上げるため、持続力を上げるためにはWAXをWax Futureを用いて複数回施工することをお勧めいたします。Wax Futureを使用することがキーポイントになります。

①滑走性の向上
滑走性を大きく妨げるのはケバ。新品の板やストラクチャー を入れた板はケバだらけです。Wax Futureを施工することでWAXが解けた際にケバが立ち上がり、冷えるとそのまま固まります。それらをよく切れるスクレーパーでスクレーピングすることで除去効率を高めることができます。アイロンの場合はケバを押し潰してしまうため効果激減です。1度では取れきれないので複数回施工をお勧めいたします。

②持続力
複数回施工することで奥深くまでWAXが浸透、定着します。抜け辛いWAXを複数回施工することで今まで以上の持続性を体感していただけます。格段にエッジ際や滑走面が白くなり難くなります。ちなみにノンメンテナンスでの耐久テストも行なっております。

*複数回施工によりシーズンを通したノーメンテナンスを推奨するわけでも保証するわけでもございません。後ほどメンテナンスの必要性について述べます。滑走面は生き物です。


日々のメンテナンス

ほぼ毎日滑る私の実例をあげて日々のメンテナンスについてご紹介いたします。
基本的にシーズン前にベースWAXは4回ほど施工いたします。
その後は、毎滑走後にリキッドを塗布します。次回滑走まで時間が開く場合は保護剤として塗りっぱなし、次の日も滑るならブラッシング。
クリーニングと補充の意味で月1〜2回HOT WAXをしております。
ベース作りをきっちり行い、リキッドとの併用で面倒なHOT WAXの回数を削減できます。




最後までご覧いただきありがとうございました。
早くもシーズンスタートまで4ヶ月を切りました。
チューンナップも混み合うシーズン直前ですとシーズンインに間に合わない可能性がございます。商品の方も人気機種に関してはまもなく完売いたします。
冬の準備はお早めに!!






2021年6月12日土曜日

新入社員 自己紹介


皆様初めまして。

本年度6月より新入社員として入社致しました嶋田 健人と申します。

入社を迎えこの場をお借りして自己紹介をさせていただきたいと思います。

私は野沢温泉村生まれの野沢温泉村育ちの生粋の野沢温泉村民で小学校から大学までアルペンスキーに打ち込んでいました。

小さいころから親に連れられスキーをしてきました。スキーが生活のすぐ近くにあったため、冬になり遊びに行くとなればいつもスキーでした。

野沢温泉という広大なフィールドのなかの様々な地形を滑ったり、スピードを出して疾走感を感じたり、友達と林間コースで競争をしたりして楽しんで いました。

そういったスキーの魅力に取り憑かれ大学4年生までアルペンスキーの選手として活動してきました。

今までの最高成績は、インターハイ準優勝、学生チャンピオン大会準優勝、国体準優勝と準優勝ばかりで、周囲からはシルバーコレクターと呼ばれていました。

選手として活動していく中で海外の固いバーンやたくさん水をまいた氷のようなアイスバーンも経験してきましたが、常にふかふかのパウダースノーを滑ってきた野沢温泉村出身の私にとってはとても辛いコースでストレスでした。そのため遠征で固いバーンを滑ってきた後には必ず板を太めのファットスキーに乗り換え、パウダースノーを存分に楽しみリフレッシュするようにしていました。

パウダーなどの遊びもトレーニングの一部として取り入れてきたことは自分のスキー人生の中で大きなプラスになるものだったと思います。

オフピステでの遊びを取り入れることで柔軟な動きが身に付き地形の変化や荒れたコースでもしっかりと力を発揮することができてきたのだと思います。

 


 私が㈱ドリームシップに入社することになった理由としては、1番には野沢温泉が好きで前々から野沢温泉に帰ってきて仕事をしたいと思っていたためです。また、野沢温泉村には、豊かな自然や温泉があったり、暖かい心を持った村の方々がいたりと、村での生活がとても心地よいものだと思っているということもその理由の一つです。そしてこの小さな村でもグローバルな考えや価値観などを持った人が多く集り、様々な考えや価値観に触れることができます。そのため、野沢温泉村という小さな村でも自然や人の様々な価値観に触れることなど今後の将来にとってとても大事な経験をすることができると思っております。

 

 2番目の理由としては、ドリームシップがフリースタイルスキーという分野に力を入れていてその分野にとても興味を持っていたからです。小さい頃やアルペンスキーで選手として活動している間も遊びのスキーをずっとしてきたため、この経験をドリームシップでなら仕事に生かすことができると考えました。滑走技術やスピードに関しては自信がありますが、BCやジャンプ系に関してはまだまだ初心者です。

 

皆様と一緒にたくさん滑り、皆様のお力をお借りしながら、人としてもスタッフとしても、スキーヤーとしても成長して参りたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

嶋田健人


-------------------------------------------------------------------------
先日行ったビジョン共有と研修、次の冬に向けてのミーテインング。


早速、チューン部門の研究も始まっています。


2018年野沢温泉で開催されたRed bull snow charge

1位 嶋田健人
2位 上野雄大


COMPASS HOUSEに力強い人材が加わりましたので今後もお楽しみにしてください!
ドリームシップ スタッフ一同


2021年5月17日月曜日

COMPASS HOUSEファンの皆様へ

皆様こんにちは。

COMPASS HOUSE店長のTOMOです。

つい先日、私も20−21シーズンアウトいたしました。
まだ行けたらと思っておりますが昨今の情勢次第ということで、、、もしかするとまだまだシーズンは続くかもしれませんがここで一区切りにしたいと思います。
シーズン中、 COMPASSHOUSEは平日は予約のみ、通常営業は週末のみにもかかわらずたくさんの皆様に足を運んでいただき誠にありがとうございました。店長ながら出張が毎週末のように続き、不在が多くお会いできなかった方も多いことでしょう。申し訳ございませんでした。
不在時に出張先である試乗会会場に滑りにきてくださった方もいらっしゃり、お気にかけていただきありがとうございました。
そして、営業してくれたCOMPASS STAFFの皆さんありがとうございました。


 
簡単にシーズン振り返っていきたいと思います。
 20-21シーズンは皆様にとってどんなシーズンでしたでしょうか?



*久しぶりのパウダー当たり年!!


 ARMADA ARV116JJ ULが本領をやっと発揮。パウダー依存症になった方も多数、、、
1月いっぱいで降雪の勢いが失速してしまいましたがここ数年では本当にいい年でした。
そして、本当にJJULというスキーはよく出来ていて、滑るたびに「このスキーを履いていて良かったな」と思う1台です。初代JJ、JJ2.0、ARV116JJ、初代UL、現ULと乗ってきましたがいつの時代も変わらないことはJJがあれば楽しくスキーができるということです。
来年はもっと長く降り続いてくれることを期待しましょう!!



*BCツアー


今シーズンはたくさんのBCツアーを開催させていただきました。TKY氏がガイドを務める旅するBC、レディースBC、初心者向けBCをはじめ、時にはシェフをBCへ帯同させたりと他ではできない企画が盛り沢山でした。皆様存分に楽しんでいただけたのではないかと思います。
そして、どんどんBCの魅力に取り憑かれ、新たなラフスタイルの一部になった方も多数。
これからもBCスキーという素晴らしい趣味との出会いの機会の提供はもちろん、コアなユーザーをも満足させられる魅力あふれるBCツアー企画を行って参ります。




*仲間と楽しい時間を共有。


今シーズンは滑る機会はもちろん、新しく始めたYOUTUBEなど多くのCOMPASSHOUSEファンの皆様=最高のスキー仲間と時間を共有することができました。写真はスキー場最終日のお客様感謝祭の様子です。スキー好きの一人としていろいろな春スキーの楽しみ方を伝えられたのではないかと思います。雪がいい時も悪い時も必ずどこかに楽しみ方は転がっています。また来シーズンもスキーをしましょう!!
コロナ渦という情勢で本来ならば離れていく状況にある中、新しい形で皆様との距離を縮められたことは我々にとって大きな一歩となりました。



最後に、、、
COMPASS HOUSEをはじめCOMPASS VILLAGE、Mt,DOCKをご利用いただいた皆様、野沢温泉に足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。これから夏営業も始まります。夏の野沢温泉にもぜひ足をお運びください。




COMPASS HOUSEからのお知らせ


・営業日について
5/31までスタッフ休暇のため土日のみの営業となります。(13:00~19:00)
電話がつながりにくくなるためお問い合わせはHPお問い合わせ欄よりお願いいたします。
通販に関しては3営業日ほど時間をいただきます。ご了承ください。
お問い合わせ→https://compasshouse.jp


・チューンナップ開始(完全自社工場)
6/1よりフリーライダーのためのチューンナップ 受付を開始いたします。
*フルチューン¥10000より
*後日ブログにて詳細を公開いたします。


・野沢温泉スキー場夏営業について
7/3より夏営業開始予定。
MTBコースは1年お休みしている間に新規開拓&リメイク!
キャンプ場、サマーゲレンデなど夏の野沢温泉も楽しみましょう!


・早期展示受注会開催 
7/24,25の二日間、店舗にて21-22モデル早期展示受注会を行います。
出展ブランドについては調整中。


以上。




2021年4月14日水曜日

「雪と温泉、そして人が織りなす理想郷」 

この冬、アパレル関連企業のビームスさんの企画で写真家の名越啓介さんの目線で捉えた野沢温泉村の風景。チーム ドリームシップメンバーも良い顔して登場してます。

「雪と温泉、そして人が織りなす理想郷」


https://www.beams.co.jp/special/happyoutside/nozawaonsen/






写真家 : 名越啓介1977年奈良県生まれ。大阪芸術大学卒。19歳で単身渡米し、スクワッター(不法占拠者)と共同生活をしながら撮影。その後アジア各国を巡り、2006年に写真集『EXCUSE ME』を発表。雑誌やカタログ等で活躍する一方で、その後も写真集『SMOKEY MOUNTAIN』、『CHICANO』、『BLUE FIRE』をリリース。2016年に、はじめて国内を題材にした写真集『Familia 保見団地』では『写真の会』賞を受賞。2019年8月には『バガボンド インド・クンブメーラ 聖者の疾走』を発表した、日本を代表するドキュメンタリー作家。
http://www.um-tokyo.com/nagoshi/